大槌でボランティア活動をする方のための無料宿泊場所

宿泊場所「きらりベース」の運用は、2012年9月30日で終了いたしました。

いままでご支援とご利用いただきまして本当にありがとうございました!

なお、主催組織のひとつ「大槌福幸きらり商店街」は現在も仮設商店街として、大槌町民の生活基盤となっています。今後とも大槌と福幸きらり商店街を応援いただければ幸いです。

 

 

大槌でのボランティア宿泊場所「きらりベース」は、2012年4月のオープンから半年間、1階が被災した「大槌北小学校」の校舎を利用し、有志による実行委員会にて運営されてきました。

 

「旧大槌北小学校の校舎」については、2012年秋に取り壊しが決定し、2013年に完全に取り壊し、復興計画では、大槌の新しい文教地区で子供たちが運動できるスペースへと変わってゆくことになりました。

 

宿泊所として稼働していた半年間で、延べ人数にして2100人ほどの復興支援関係者がこの場所を利用し、被災地大槌で暮らす方々と絆を深めてゆくことができました。

こうした繋がりは現在も続き、町民と大槌を愛する人達のネットワークづくりの一助となっています。

 

なお、大槌きらりベースを協働で運営してきた「福幸きらり商店街」は、現在もなお、仮設商店街として、この場で運営されています。

 

できるかぎり早い被災地復興に向けて、引き続き、皆様からのご支援をいただければ幸いです。

宿泊所きらりベース閉所前日(2012年9月29日)に、大槌北小の子供たち・父兄・先生方と、きらりベースのスタッフ・ボランティアで感謝の清掃を行いました(人物特定を避けるため顔にぼかしを入れています。ご了承ください)
宿泊所きらりベース閉所前日(2012年9月29日)に、大槌北小の子供たち・父兄・先生方と、きらりベースのスタッフ・ボランティアで感謝の清掃を行いました(人物特定を避けるため顔にぼかしを入れています。ご了承ください)

きらりベースを扱った記事などのリンクを以下に加えておきます。

東北復興新聞によるオープンの記事

http://www.rise-tohoku.jp/?p=2267

 

宿泊してくださったブロガーの方によるブログ記事

http://wada.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-814a.html

 

きらりベース閉鎖の記事(朝日新聞)

http://www.asahi.com/area/iwate/articles/MTW20121116030840002.html

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから